お月見に準備する不可欠なものの一つといえばお団子です

今までの感謝を示すために、お月様のために月見団子が並べられます。
丸くて小さい団子を上に重ねていく月見団子は、お盆やお皿を用意してお月様が見てくれる場所に供えてください。
お月見がすんでから月見団子を集まって食すれば楽しいですし、揃って温かい気持ちに身を任せることができるのです。
秋はいろいろな果物や野菜がいっぱい採れる収穫の時です。
感謝を形にするためにお月見は行われるようになり、農家では昔からこのような習わしが続けられています。
お月様に感謝するのは、収穫が夜までかかり、月明かりがあったから問題なく収穫を終えられたからです。
古い時代は電気の存在がなく、農家では月の存在はかなりの救いになったのでしょう。
お月見は一回だけのものではありません。
日本だけのかたちですが、ほとんどが知っている十五夜のひと月先に十三夜となりますが、このときに再びお月見をします。
お月見も二回目は抜いてしまいますが、1回だけのお月見は片月見とされていて演技が良くないです。
お月見を一度するなら、1か月後も必ず飛ばさないでお月見するようにしてください。