お正月に家族みんなで一つのところにいて食べるのがおせち料理です

他人が入っていないなら決まり事などについてあまり気にかけることは考えなくてもいいです。
家族の中で食べるのではなくどこかの家にお呼ばれをしておせち料理を食べるならば初めは一の重から食べてください。
おせち料理と言われればたいていは和食ですが現在では中華や洋食で食べる具材を使ったおせちも出回っています。
子どもたちから見れば和食ばかりが続けば他のものを求めますが中華や洋食は飽きませんからしばらくの間嫌な顔をしないで食してくれます。
おせち料理に手をつけるとき祝箸を用意するのがマナーです。
祝箸の形を見ますと両側が細く作られています。
お正月は神様を迎えて食事をします。
片方は自分のため逆側は神様が使えるように縁起物として祝箸を揃えて正月を迎えるように気をつけましょう。